Kanon

旅とFXとサッカーとブログな生活。北海道出身で鹿児島県在住です。

*

80対20の法則 2割の優秀な社員の売上げが全売上げの8割を占める

   

20141228-02

テレビをみるとあほうになる?

『スティーブ・ジョブズ名語録』の中から。

ジョブズが「あほう」って言うのを想像するのもなんだかおかしい。

原文はどうなんだろうね?(笑)

世の中の大半、おおよそ80%の人たちは、

テレビのニュースを見たりして、政治が悪い、景気が悪いなどと、

何かしら文句や不満を言いながらも、

何もなす術を持たない、持とうとしない傍観者で。

そんな中、20%くらいの人たちは、

これではいけないと思い、

自己啓発や、専門の本などを読んだりして何らかの知識や技術を持とうと考え始める。

そして勉強を始めた人達のまた80%くらいは、

ただ本を読むだけで勉強した気になって満足してしまってそこで終わる。

勉強を始めた人達のうちの20%くらいは、

その知識や技術を潜在意識レベルまで落とし込む作業をして、

仕事や生活に活かすことができているのではないかと。

そこに世の中の富が集中するのは、

むしろ当たり前と言っていいのではないか。

富や権力を手にした者は、

大衆にテレビを見せておいて、

あほうのままでいてもらった方が都合が良い。

『人生を変える80対20の法則』

20150101-06.jpg

久しぶりに以前読んだことのある、この本を読んで、

そんなふうな考えが頭に浮かんだ。

難しいなと思えるようなことや、

新たに覚えたい知識や技術でも、

そのうちの20%くらいを一生懸命になって、

集中して身につけることができれば、

あとの80%は比較的、容易に身につけることができる。

いろいろなことが80対20という数字で表すことができるということが書いてある本。

80対20っていうのは、おおよその数字であって、

ピッタリ80対20ということではない。

身につけたい知識は、

何も苦手なこととか、好きではないことを無理してやらなくても、

好きなこと、今までうまくいってたこと、出来ていたことを、

さらに追及する形でいい。

その分野で上位の20%に入ることができるくらいになると、

収入も上がっていく。

例えば、料理全体で上位になるのが無理なら、

その分野を細分化してみる。

洋食→デザート→フルーツ、みたいな感じ。

フルーツでも難しければ、さらに絞ってリンゴとか。

リンゴの調理に関しては誰にも負けない知識や技術を身につけるとかね。

これなら誰にでもできそうな感じでしょ?

パレートの法則ってご存じですか?

パレートの法則は、

20:80の法則として非常に有名なので、

ほとんどの方はご存知だと思います。

その20:80の法則、または80:20の法則ですが、

この本

「お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム」

によるとさらに大きな秘密が隠されていました。

それは、この成果の出る20%の更に20%、

つまり全体の4%に集中すれば、

もっともっと効率化できるということです。

是非、この本についての詳細をチェックしてみてください。

「お客が喜んで買っていく80対20のセールスシステム」の詳細はコチラからどうぞ。
20150101-07

 - 日記,