Kanon

旅とFXとサッカーとブログな生活。北海道出身で鹿児島県在住です。

*

難しいとか時間が無いとか言い訳が思い浮かび始めた時からが本当のスタート地点

   

今年も桜の咲く季節となって、

お花見ドライブに行ってきた。
20150327-14

3年連続で4回目の藺牟田池。
20150327-04

また来年も行けるかな。

まずは興味のあることをやってみよう

さてさて、鹿児島県に引っ越して3年目。

ここ1年は、投資のオンラインスクールやら、

ビジネス本やら、英語学習など、

多くはない収入の中から、教材費、書籍費で30万円以上は突っ込んでみた。

毎日、少しずつでも知識を増やして、

現実的に何かの役に立ったのか?

と言われれば、

今のとこ、それほどでもないような。

ただ言えるのは、悩みは不安はほとんど無くなってきたかな。

自分の内部が書き換わって行くのが実感できて、

1年前の自分とは全然違うのがわかる。

お金が無い、好きな人とうまくいかない、

自分を変えようとか、変わらなきゃ、とか感じていながら、

なかなか変われない、気づけばずっと同じ状態、

いやいや、もっと悪い方に向かっているなんて思っている人はいないだろうか?

自分もずっとそうだった。

変わろう変わろうと、心の中でずっと思っているだけでは、

なかなか変われないもの。

そんな時は、

何か興味のあることを継続して勉強、体験して、

新しい知識や技術や経験を取り込んで、

少しずつ自分の内部を書き換えてみるといいと思う。

これ、本当に違う自分になれる。

ちょっとしたことでいいのよ。

語学でも楽器でも歌でも踊りでも。

今まで知らなかったことを知ってみると、

目に見えてくる世界が全然違って見えてきたりする。

今まで見ていたはずの景色なんだけど、

「あれ?こんなものあったっけ?」みたいなものが見えてくる。

新しい知識が増えると、

今度はそれまでの人生で経験してきたことと、

突然結びつくという横のつながりまで出てきて、

また新しい展開が生まれるなんてことも。

難しいって思ったところが分岐点

そうすると、そこからもう一歩進みたい、

もっと成功したいという欲も出てくる。

金銭的、社会的な成功、もっと良い豊かな生活がしたいなんてね。

そこまで来ると、

さらにそれ以上の勉強や練習を続けるに当たって、

「難しい」とか「時間が無い」なんて言い訳が生まれてくる。

この言い訳が頭の中にしょっちゅう浮かんできたときが大事なとこね。

多くの人は、生活するためのお金を稼ぐために仕事というものをしている。

当然、勉強する時間は限られるし、

睡眠時間を削れば、眠くてさらに効率が悪くなって、

好きなこと、興味があることの勉強をしているはずなのに、

イライラしてきたりなんかしてね。

でも多くの人、ほとんどの人がそうなるのだから、

何も心配することは無い。

むしろ、「難しい」とか「時間が無い」なんて言い訳が生まれてきたら、

ここをやり繰りできれば、壁を超えられれば、

その壁で止まっている人に対する優位性が生まれるのよ。

『80対20の法則』の考え方からすると、

80%の人達が壁で止まってしまうのだから。

そこを止まらずに継続して、

他者との優位性が生まれることで、金銭的、社会的、心理的な差ができてくる。

「難しいな」「時間がないな」「もうダメかも」なんて思ったら、

そこ、成功、飛躍するチャンス。

うまくできるまで続ければ失敗などない。

新版 人生を変える80対20の法則

 - 日記