Kanon

旅とFXとサッカーとブログな生活。北海道出身で鹿児島県在住です。

*

株主優待(かぶぬしゆうたい)とは?

      2013/08/05

株主優待(かぶぬしゆうたい)とは、

『うちの会社の株を保有してくれてありがとう!』という気持ちをこめて、

企業が株主に対して送るもので、

株式会社が一定数以上の自社の株式を、

権利確定日に保有していた株主に贈る優待制度のこと。

基本的に日本独自の制度であるけど、

アメリカでも希にあって、スターバックスの物が有名だったりする。

株主優待の内容は、「自社の製品」、「デパート商品券」など、

企業によって様々なものがある。

内容によっては、利回りが10%近くにもなる魅力的な株主優待もあるので、

金利がほとんどつかない銀行に置いておく(預金する)よりも、かなりお得感がある株主優待もある。

先日はテレビで、

彼は株主優待だけで衣食住の生活すべてを賄っているという、

元棋士の桐谷広人さんが紹介されていましたね。

株主優待の一例をあげると、

エスビー食品(2805)では、

毎年3月31日および9月30日現在の株主名簿に記載された1単元(500株)以上所有の株主に、

1500円相当の自社製品詰め合わせを贈呈しています。
20130804-01

2013年8月4日現在の株価は756円なので、

1単元(500株)だと378000円の必要購入金額ですね。

さらに株主配当は1.85%なので、

権利確定日に株を保有しているだけで約7000円ほどの配当があります。

株式を保有するということは株価が下がるというリスクもありますが、

株主優待や配当金といった、

銀行に預けるよりもお得なメリットもあるということですね。

ここに書いた配当金や株主優待については、

この記事の公開時点によるものです。

実際に株式購入の際は、

各企業のサイトなどで内容をご確認お願いします。

 - 投資, 株主優待