Kanon

旅とFXとサッカーとブログな生活。北海道出身で鹿児島県在住です。

*

太陽光(ソーラー)発電って雨(雪)や曇りなどの天気の悪い日はどうなるの?

      2013/09/18

ここのところ、あちこちの家の屋根に、

太陽光発電のパネルを見かけることが多くなりましたね。
20130611-03

今、自分が住んでいる鹿児島県は梅雨の時期なんですが、

太陽光(ソーラー)発電って雨(雪)や曇りの日はどうなるのでしょうか?

「曇りの日・雨(昼間)・薄暗い夕方」でも太陽光発電自体は行われます。

もちろん、晴れた日の昼間と比べるまでもなく、

発電量は微量になりますが、発電自体はしています。

雨の日の発電量についてはメーカーやパネルの結晶のタイプによって多少の違いはありますが、

快晴の日に比べ一般的に1/10~1/20になると言われています。

太陽光発電はその名の通り、太陽の光によって発電します。

そのため天候によって発電量が左右されるのは致し方ないことです。

ただ、光が射さない雨の日や曇の日であっても

発電量がゼロになるわけではありません。

なので、日射量や積雪量など、

それぞれの地域に合う特性の太陽光発電(ソーラーパネル)の選定が大切になってきますね。

また設置する屋根の形状によっても「適しているメーカー」・「適していないメーカー」があります。

お住いの地域や住宅に最適な商品を選んで最大限に発電ができるよう、導入前に慎重に検討しましょう。

太陽光発電システム販売業者より最大5社の見積りを一括でお届け!

太陽光発電を検討し始めたら、まずお住まいのエリアの最新の補助金情報などのチェックが必要ですね。

しつこい営業をしてこない一括見積サイトを利用することをお勧めします。

 - 日記