Kanon

旅とFXとサッカーとブログな生活。北海道出身で鹿児島県在住です。

*

原作が先か、映画が先か?『永遠の0』

   

百田尚樹(ひゃくたなおき)の小説を原作とした映画『永遠の0』

2013年12月21日より公開されているのだけれど、

なかなか評判が良いようで、

主演の岡田准一も好演しているのだとか。

そんなわけで、観てみようかという気持ちに傾く。

ちょうど明日、休みだし、

思いついたらすぐ行動だ。

あー、でも映画の前に原作も読みたいよな。

原作を読むと結末がわかってしまう反面、

映画のシーンごとに、

伝えたいことがよく理解できるっていう利点もある。

自分はどっちかというと、原作を先に読んでおきたい派。

明日までに読み切れるかなと思いながらも、

仕事帰りに書店へGo!

しかし小さな書店2軒行ってみたけど在庫切れ中。

こんな時に田舎は不便。

欲しいものがすぐに手に入らない。

Kindle版が出ていればすぐ読めたのにね。

3軒目でようやくあった。
20140105-01

けっこう厚い、575ページまである。

明日までに読み終えられるのか?

できれば午前中の上映を観たい。

ここから、映画館のある鹿児島市までは電車で約1時間。

最悪、電車の中でも読もう。

つーか、ブログ書いてる場合じゃないよなw

これから読みます。

この小説『永遠の0 』(講談社文庫)は人気なだけあって、

レビュー(感想や評価)数がすごいね。

さまざまな意見はあるけど、

自分はどう思ったか。それだけでいい。

『永遠の0 』(講談社文庫)カスタマーレビュー

 - 映画,